ネット印刷発注サービストップ > 文学の散歩道 > 文人:富澤赤黄男

サイトマップ

ご来店ありがとうございます

印刷何でも相談
TEL/089-925-7473

FAX/089-925-7464

スタッフ訪問OK

印刷用語辞典

営業日カレンダー

受注事例集
お支払い

愛媛の文人紹介:富澤赤黄男

愛媛にゆかりのある歴史上の人物を紹介

富澤赤黄男の画像

トミザワカキオ

富澤赤黄男 1902~1962

本名は正三。西宇和郡川之石村(保内町)生まれ。
宇和島中学を卒業後、 早稲田大学を出て国際通運東京本社に勤めたが、昭和5年、父の仕事を手伝うために帰郷、 地元の国立第二十九銀行へ入社。地元の人たちと俳句を始め「ホトトギス」に投句したが一度も入選しなかった。 しかし、同11年、日野草城の「旗艦」創刊に参加してからは、水谷砕壺、日野草城らと共に新興俳句家として 俳壇にその名を知られるようになる。
12年、召集されて中国を転戦する。同15年マラリヤで内地に転送されたが、翌年9月再度召集。銃声と靴音の大陸から、守備地北千島・占守島(しゅむしゅとう)で「流木よせめて南をむいて流れよ」を詠む。 戦後は「太陽系」を創刊、27年には「薔薇」を創刊主宰した。
昭和36年、体の調子を悪くする。この年句集「黙示」を刊行する。翌37年3月死去。
彼の偉業は大きく評価され、彼の故郷である保内町では、 昭和62年(1987年)より、富澤赤黄男顕彰俳句大会を年に1回 開催している。
また、平成5年、琴平公園に富澤赤黄男句碑広場が完成。句碑には胸像のレリーフとともに赤黄男直筆の句が刻まれ、 そばに俳句ポストが設けられている。

富澤赤黄男の俳句

俳人富澤赤黄男は、難解な新興俳句旗頭として知られている。目立つ身長であったせいか、一見とっつきにくい感じに見られることも多かったらしい。「ヴァイオリンを弾きながら波浮の港や影を慕いて等を歌われる抒情豊かな人」と語る人もいる。
赤黄男は「俳句は詩である」と主張し、厳しい自己問答・葛藤によって「我流・自己流」 で練り上げた俳句作りがいいとしていた。

例えば、赤黄男の代表句である。

「蝶墜ちて大音響の結氷期」

で、赤黄男の口から叫ばれた「蝶」は、赤黄男の「思い」の代物としての蝶であって、実在の蝶ではないという。
つまり赤黄男の肉体を通り抜けた俳句、厳しい自己問答・葛藤の洗礼を経て生まれたものが「赤黄男俳句」ということになる。彼はまた、定型は中味の必然において生まれる形式だとし、季語無用論を主張した。
そういった俳句作りをしていたため「難解である」と言われるのであろう。

句碑

富澤赤黄男と戦争

戦争俳句の始まり

昭和13年頃、戦争俳句と呼ばれるものが俳壇に流行した 。
当時赤黄男は、『旗艦』に「ランプ」を発表、『俳句研究』の「新鋭16人集」に作品「蒼い弾痕」を寄稿するなど、 戦争俳句に意欲的な姿勢を見せている。
赤黄男は、季語を使わず、実際に戦場での経験が作りだした赤黄男自身の肉体を強調する独自の表現方法を用いて戦争俳句に取り組んだ。

戦争中の赤黄男の俳句

赤黄男自身の初の句集『天の狼』の初版は昭和16年で、日中戦争が、ついに太平洋戦争と発展した年である。 文壇では治安維持法違反容疑で新興俳句作家が検挙され、すべての新興俳句作家は拠点を失う時世であった。
初版では字句を歪めまたは差し控えて発表していたが、10年後再版するにあたって生来どおりに戻した。 この間赤黄男は苦難と悲痛の時代を過ごし、羞恥と後悔を感じていた。

「切株はじいんじいんとひびくなり」(無季)

上の句は戦後、昭和23年の作品である。伐られた巨木の切株に、 じいんじいんと響く自分の精神の痛みを重ね合わせている。戦後も彼は、暗澹(あんたん)たる状況の中、俳句を作り続けた。