ネット印刷発注サービス[佐川印刷株式会社]

オフセット・オンデマンド印刷をネットで簡単発注。校正や修正、お見積もりが無料。お問い合わせから納品まで親切丁寧に対応致します。


ネット印刷発注サービストップ > Windowsソフトアドバイス

サイトマップ

ご来店ありがとうございます
店長 日野です

印刷何でも相談
TEL/089-925-7473

FAX/089-925-7464

スタッフ訪問OK

印刷用語辞典

営業日カレンダー

受注事例集
お支払い

Windowsソフトアドバイス

皆様が安心・安全・低価格で印刷をご利用できるサイトです。

総合印刷ならではの対応

ソフトや印刷知識が無くても大丈夫です。用紙選定や製版、印刷、製本方法、DTPに精通したスタッフが親切、丁寧にサポート致します。

Windowsで作成される場合の入稿上の注意です。主にMicrosoftOffice系(Word、Excel、Powerpoint)、一太郎など、ビジネス・ワープロソフトを対象にしています。(対象ソフトの目安:CMYK設定ができない事)
Adobe製品などグラフィックソフトには適用されない内容もあります。

Microsoft Officeや一太郎は、RGBカラーが基調となっており、印刷のカラーであるCMYKには対応しておりません。印刷時に弊社でCMYK色変換をさせていただきますが、データ上の色を完全に再現することはできません。特に、発色の強いグリーンやブルーは色が大きく変わってしまいます【下図参照】。

(1)RGB3原色 (2)RGBをCMYKに置き換えた場合

また、カラーで作成されたデータを、「モノクロで印刷したい」と相談されるケースもあります。その場合、色のイメージはかなり変わってしまうのでご注意ください。特に赤やイエローなどの映える色は、モノクロに変換すると、思いのほか目立たなくなります。

例1)目立つ赤は、モノクロに変換すると、黒ではなくグレーになります。

例2)カラーだと華やかなイエローは、モノクロに変換すると、殆ど見えません。

ページ先頭へ▲

画像

リンクした画像(配置画像)はすべて添付してください。使用していないデータはトラブルの元になりますので削除しておいてください。

ページ先頭へ▲

保存形式

ソフトを明記していただければ、それぞれのソフトの通常フォーマット(Wordなら.doc、Excelなら.xlsなど)で構いません。貼り付ける画像もJPG、TIFF、イラスト画像はJPG、GIFなど素材集などで使われているものでかまいません。ただし解像度・色数により品質が左右されますのでご注意ください。原則として、モニタで見える状態よりきれいになることはありません。

ページ先頭へ▲

書体

Windows使用可能書体一覧をご参照ください。>>>  Winフォントの種類
弊社が対応していない書体を使用している場合、類似書体に置き換えて出力させていただきます。確認のため、出力サンプルを必ず添付されての入稿をお願い致します。

【注意事項】
MSゴシックとMSPゴシック(明朝)は字幅の設定が異なるため混在して使わないようにしてください。
MSPゴシック(明朝)はExcelのセルで使用すると、モニタ画面では枠内に入っていますが、印刷すると枠に入りきらず文字が欠ける恐れがあります。表枠を使用する際にはMSPは使用しないでください。

ページ先頭へ▲

罫線

Officeの「極細罫」は使用しないでください。画面やプリントアウトの時は表示されていますが、イメージセッターで出力するときに、印刷に対応できない細さで出力されてしまいます。

ページ先頭へ▲

クリップアート

ビジネスソフトや宛名ソフトに添付してある画像データ(クリップアート)は、解像度が72dpiしかありません。拡大すると画像が粗くなることがあります。モニタでの映り方を確認の上入稿してください。

ページ先頭へ▲

拡張子

WindowsはMacintoshと異なり、拡張子がないとデータを判別できません。データには必ず拡張子をつけてください。Windowsで作業する場合には自動でファイル名の後に拡張子が付きますので、付いた拡張子の名前を変更しないようにしてください。
またWindowsでの作業時には、フォルダの表示設定で、拡張子が表示されるように「コントロールパネル→フォルダオプション」で設定して、常に確認できるようにしておくと便利です。

ページ先頭へ▲

ドキュメントサイズ

極力、通常の規格サイズ(A4、B5、B4、A3など用紙メニューにのっているもの)で作成したデータをご入稿ください)。
やむを得ず規格サイズと異なる場合は、そのサイズを明記してください。特にPowerPointはドキュメントサイズがレイアウトに大きく影響しますので、必ずお知らせください。
またOfficeや一太郎では、ドキュメントの外側に部品を配置することができません。
塗り足しが必要なもの(裁ち切り位置いっぱいまで背景、画像が配置されているもの)は、規格サイズより、上下左右各3mmずつ大きく作り、周りを断ち切っても文字や画像に影響のないように作成してください。

ページ先頭へ▲

そのほか

Microsoft Officeのグラデーションや半透明機能は、出力に関して不安定なため、できるだけ使用しない方が賢明です。またワードアートの使用はできればさけてください。